Find X – 充電の概念を変えるOPPOのSuperVOOC

OPPO Find Xに搭載されたSuperVOOCフラッシュチャージは、たった35分間で0%-100%充電ができる超急速充電システムです。

リチウムイオン技術を使う限り、モバイルデバイスの充電速度はこれ以上速くできないというのが、これまでの見解でした。

そこでOPPOは、デバイスに物理的に2つのバッテリーを搭載し、これを同時に急速充電することで従来比2倍の速度で充電できるしくみを考案しました。この充電システムはSuperVOOCと名付けられ、2018年後半のフラッグシップFind Xで、初めて実用化されました。

SuperVOOCシステムは、最大50Wで給電を行います。これは大型ノートパソコンに匹敵する電力量です。USB PDには準拠せず、5V-5Aを2つのバッテリーに同時供給する独自の10V-5A充電器を使用します。

OPPOの研究では、スマートフォンなどの小型デバイスで高電圧給電を行うと、デバイス側での降圧時に熱が発生することが分かっていました。そこで、降圧が少なく済む5V電圧と、電圧の低さを補う5Aの大電流を使うことで、低発熱な超急速充電システムが実現しました。

SuperVOOCシステムは、高出力・低発熱な特徴を活かして、デバイスの使用中も充電速度が落ちないように設計されています。

SuperVOOCで充電中の動画を撮ってみました。寝坊をしても、準備をする10分間で35%から70%に充電できます。

現在、SuperVOOCは65Wまで拡張され、OPPO Reno Aceで実用化されています。

OPPO、3種類の新しい高速充電技術を発表